:: HOME | Lyrics - 歌詞紹介

ナチュラル

空から落ちてきた煌めく水の雫を
誰が一番最初に「雨」と名付けたのかな?
激しくも慎ましく万物の乾き潤し
鳥は羽を休め人は涙を隠す

恋人たちは肩を寄せ合い 拾い集めた幸せを
パズルみたいに組み合わせては愛にじゃれついた
旅路を急ぐ人たちの群れ 雨に打たれたり凌いだり
一つの傘の中でかけがえのない人と歩こう

あなたに出会えたこの星に生まれてよかった
さんざめく星空と遥かなる大地の調べ
四つの季節巡り 優しさは羽衣のように
時のうねりの中で永遠の翼見つけた

清らかな祈りは山河を渡る風にのり
やがては辿り着くそれぞれが描く楽園
空の青さ広さ そして海の強さ深さ
遮るものは無く漂うだけの潔さ

静かに佇む月の語らい むせび泣くように歌を詠む
ほのかな光浴びて艶やかに光る愛情よ
たった一度の浮き世に捧ぐ 儚き私の青春よ
あなたと共に燃やし尽くしたいと願う毎日

あなたに出会えたこの国に生まれてよかった
さんざめく星空と遥かなる大地の調べ
四つの季節巡り 優しさは羽衣のように
時のうねりの中で永遠の翼見つけた

あなたに出会えたこの街に生まれてよかった
さんざめく星空と遥かなる大地の調べ
四つの季節巡り 優しさは羽衣のように
時のうねりの中で永遠の翼見つけた

交わされた約束に口づけを添えて飛び立とう
あなたはきっと自由 理由なき愛に祝福を

[ 戻る ]
★contents★
ASHURA-BLUE WEBSHOP
QR-CODE