:: HOME | Lyrics - 歌詞紹介

白い魚

海と空の間に夕日が滑り込む
オレンジに染まりゆく光のグラデーション 私の感情が溢れ出す
無償の愛が欲しくて 泣いたりわめいたり
あなたの腕の中 行ったり来たりして 結局疲れ果て眠る私
あなたの泳ぐ海は何色ですか?
わたしにも見せてくれませんか?
七色の涙さえ 真っ白に染めるという
あなたが暮らす世界の片隅に居させて

あなたは私の心 白い魚になって
深く深く潜り泳ぎながら宿った
わたしの心はそしてあなた色に染まって
描き続ける輪郭の無い愛の形 いざ包まれん

何度も問いかけてきた 自分の恋ごころ
優しくされる度 恋をしてきた私 それは悲しき運命ですか?
無償の愛なんて無いとわかってるけど
せめて今この時だけ 与えられる愛の中 溺れるようにどうか浸らせて
あなたが私に差し出した 無防備な笑顔に今 わたしの全てが奪われてゆく
盗まれてゆくから 今裸になった

あなたは私の心 白い魚になって
深く深く潜り泳ぎながら宿った
わたしの心はそしてあなた色に染まって
描き続ける輪郭の無い愛の形 いざ包まれん

[ 戻る ]
★contents★
ASHURA-BLUE WEBSHOP
QR-CODE